顔汗の困った悩み体験談21

冬場はそうでもないのですが、夏になると顔汗が多くとそれが悩みになっていました。

 

多汗症とまではいかないかもしれませんが、顔や手の平の汗は特に気になります。

 

手は水道でこまめに洗っているのでそれほど気にはなりませんが、顔汗は頬をつたってくるので不快です。

 

汗をそのまま放置していると気になり、刺激になってしまいお肌のトラブルの原因になるそうです。

 

こまめにタオルでふいているのですが、なかなかとまってくれません。

 

毛穴の出口が詰まることもあるそうで、お肌の内部に汗成分が留まるとあせもになるので、かなり気を付けています。

 

ゴシゴシとこすると刺激になったり、メイクもとれるのでタオルでポンポンと軽くたたきながら拭き取るようにしています。

 

最近汗ふきシートを購入し、これを使っていますが、なかなか便利です。

 

いろいろなシートがありますが、顔用シートが販売されていてお得な金額で購入することができます。

 

冷房が苦手なのですが、汗を予防するため日頃は使っています。

 

冷房の部屋からでるとすぐに汗が出てくるので、タオルやシートを使ってまめにふき取っているとメイクの崩れも抑えることができました。

 

夏場はメイク用品を夏用に変更しています。

関連ページ

顔汗の困った体験談@
子供のころから、顔によく汗をかいていて、親からは汗っかきだと言われていました。 けれども、自分の場合は暑い時だけでなく、季節に関係なく汗をかくので違うのではないかと思っています。 年齢を重ねてメイクをするようになると、顔汗のせいですぐに崩れますし、髪の毛が顔にはりついて見た目が悪いのが悩みです。
顔汗の困った体験談?
顔の多汗症には様々な悩みがつきまといますが、私がいちばん悩まされているのは顔汗による化粧崩れです。 毎朝時間をかけて丁寧にメイクをしても、夏場は通勤をしただけで汗だくで頭や額から滝のような汗が流れ一瞬にしてメイクが崩れてしまいます。 顔汗と皮脂が混ざり合ってファンデーションがドロドロ状態です。
顔汗の困った体験談B
私は20代の頃から、顔の多汗症という悩みを抱えていました。 子供の頃から夏の暑さが苦手で、暑い時期にはよく顔汗をかいていましたが、気になる顔汗は夏に限らずいつでも起きるようになっていました。 そして40代、50代と年齢を重ねていくごとに顔汗も酷くなってきているように感じています。
顔汗の困った体験談C
ほんの少し運動を行うだけで頭からどっと顔汗をかきます。 少しの運動というのは例えば、机を雑巾で拭くなど、簡単な掃除を行う程度です。 汗をかくというのがどれくらいの量かと言うと、髪がお風呂上がりのようにびっしょりと濡れるのです。
顔汗の困った体験談D
私は子供の頃は全く気にしたことがありませんが、社会人になってから初めて多汗症であることを知りました。 単に忙しく走っている時に身体の汗や顔汗が多く出ることは誰しも同じですが、気付いたきっかけは営業先での商談中です。 ソファーに座って商談をしていると、顔汗が大量に出ることがあり、テーブルに顔を近付けると商談用の見積書や案内書、パンフレットなどに大粒の汗が落下してしまうことで自ら自覚をした次第です。
顔汗の困った体験談E
顔の多汗症は体の一部でたくさん汗をかくよりも厄介です。 顔は人に一番見られる部位であり、顔汗をかいていると清潔感がなく見られます。 中にはとても優しい人が具合が悪いのかと心配してくれることもあり、優しさをお節介に捉えるほど卑屈になってしまうこともしばしばです。 夏にたくさん汗をかくのは普通のことなので、気温や湿度の高い日は多汗症がそれほど気になりません。
顔汗の困った体験談F
私は緊張したり不安になったりストレスを感じたりすると、メンタル的な作用によって発汗が起こります。 いわゆる精神性発汗というものです。 夏場は体温調節のための温熱性発汗と相まって汗が止まらなくなることもあり困ります。 手や脇や頭や足など発汗が起こる場所はたくさんありますが、私がその中でもとくに悩まされているのが顔汗です。
顔汗の困った体験談G
東横線沿いの人気NO.1の中目黒駅。その中目黒駅周辺で不動産投資を成功させましょう!中目黒周辺は学生を中心とした若者に特に人気エリアです!
顔汗の困った体験談H
初対面の人と話をするときや、会議などで発表をするときに多くの人から見られていると感じると、顔汗が酷くて困っていました。 とにかく暑くもないのに、顔からだらだらと汗が出てきて、特にこめかみ部分からの汗は拭っても途切れることはありません。 当然ながら汗が流れると化粧も落ちてしまいますし、顔も赤くなりがちなので、さらに注目を集めてしまうのではないかと恥ずかしくて負のループに陥ってしまいます。
顔汗の困った体験談I
私は小さい頃から現在まで顔の多汗症で悩んでいます。 とにかく顔汗がひどく夏はもう地獄です。 小さい頃は汗は拭けば大丈夫だとあまり気にしていないところがありましたが、メイクをするようになってからがもう最悪でした。
顔汗の困った体験談J
顔汗の多汗症であることが昔からの悩みです。 夏の暑い日はもちろんですが、部屋の外と中で気温差が激しいとき、緊張してしまったときなどの様々なシーンで顔汗の多汗症が気になっています。 化粧をするまではポタポタと落ちる汗と真っ赤になった顔の両方が気になっていましたが、化粧を始めてからは顔の赤さは少し隠すことができるようになりました。
顔汗の困った体験談K
高校生くらいの頃から、顔に大量の汗をかくことで悩んできました。 顔汗というと、高温多湿の夏にかくことが多いイメージがあることでしょう。 しかし、私の場合、気温が別段暑くなくても大量に顔から汗をかいてしまうのです。
顔汗の困った体験談L
顔の多汗症で幼い頃から悩みを抱えており、いまだに解決することないまま毎日顔汗と戦っています。 夏や暖房が効いている冬はもちろんですが、他の人は顔に汗をかくことなく涼しげな表情をしているときでも、自分の場合は額や鼻筋に汗が浮いています。ひどければポタポタと汗がしずくとなって垂れてきますし、首筋を伝うほどの顔汗が出てしまうこともあるほどです。
顔汗の困った体験談M
よく夏場に汗をかく人がいますが、多汗症の顔汗は春夏秋冬関係なく、一年中いつでも汗が噴き出してきます。 学校に通っている時に、暖房があまり効いていない教室で授業を受けていた時に、先生に黒板で問題を解くように言われました。 勉強が苦手だった事もありますが、すごく人見知りする性格だったので問題を解けなくてパニックになって顔中汗まみれになりました。
顔汗の困った体験談N
顔汗がひどいと感じるようになったのは会社員になってからです。 仕事のプレッシャーを抱えるようになり、ストレスを抱える毎日が続いていました。 当初はストレスが原因で顔汗が増えるとは知りませんでしたが、汗に悩んで皮膚科で検査を受けたときに医師から聞かされたのです。
顔汗の困った体験談O
私はどちらかといえば汗かきの方ですが、特に顔に汗をかくことが多いと大人になってからわかってきました。 母もどちらかといえば顔によく汗をかいていたのでそういうものだと思っていたわけです。 でも暑い季節になったり、あまり暑くなくてもちょっと運動するだけで体はそれほど汗をかいていなくても、顔から汗が吹き出てくるような状況なので自分は顔の多汗症ではないかと気がつきました。
顔汗の困った体験談P
昔から汗が出やすいほうだとは思っていましたが、暑くないとき、辛いものを食べていないときでも勝手に顔汗が出てくるので調べたところ、多汗症であることが発覚しました。 手術や注射による治療が受けられるようですが、これらは怖いと感じているので、自分にできる範囲で対策を行っています。
顔汗の困った体験談Q
まさか病気だとは思っていませんでしたが、顔から大量に汗が出るのは多汗症が原因だと気づきました。 夏や暖房がかかっているときに汗をかきやすかったので、人一倍汗っかきなのだと思っていましたが、あるとき暑さに関係なく顔汗がひどいことに気づいたのです。 自分では暑さを感じていないのに顔汗が出ることに違和感を覚えて調べたところ、顔の多汗症であることが発覚しました。
顔汗の困った体験談R
顔の汗に悩んでいる人へ。顔の多汗症の原因や対策法の体験談集
顔汗の困った体験談S
顔の多汗症は周りにバレてしまうのでかなり恥ずかしいです。 恥ずかしいと思えば思うほど焦りや不安や緊張が強くなり、さらに顔汗が滝のように流れて止まらなくなるという悪循環に陥ります。 私は体質的に汗っかきで昔から顔汗の悩みはありましたが、社会人になってからは発汗量がさらに増えたような気がします。
顔汗の困った体験談22
私は、少し歩いただけで随分と顔汗をかいてしまうことが多かったです。 高校生になった頃から顔汗をかく体質だったようですが、当時はあまり気にしていませんでした。 しかし社会人になり女性を意識するようになると、女性から不潔に思われるのではないかと考えて、それから女性と積極的に付き合うこともなくなってしまいました。
顔汗の困った体験談23
顔の汗に悩んでいる人へ。顔の多汗症の原因や対策法の体験談集