顔汗の困った悩み体験談G

私はもともと汗っかきでしたが、社会人になってからは顔の多汗症に悩まされるようになりました。

 

気温や湿度が高いときや運動時や入浴時などの体温の上昇に伴う温熱性発汗ではなく、心的なストレスや緊張感や不安感や恐怖感や興奮や心配などメンタル的な作用による精神性発汗として顔汗が滝のように流れます。

 

自分が顔汗をかいているということを強く意識したり、周りにバレてしまうのが恥ずかしいという心情を抱いたりすることで、さらに発汗量が増えて止まらなくなってしまうことも多いです。

 

体調が悪いのではないかと周りの人に心配されてしまうこともありますし、メイクが崩れるという問題もつきまといます。

 

このままでは日常生活に支障をきたすと感じたので、顔専用のデオドラントアイテムを取り入れてみることにしました。

 

これが大正解で、顔の多汗症の悩みから一気に解き放たれました。

 

私が使っているのはクリームタイプのデオドラントアイテムで、私の場合はベースメイクをするときに化粧下地として用います。

 

保湿力も高く肌馴染みが良いのでファンデーションとの相性も抜群です。

 

朝のベースメイクにひと手間プラスするだけで、顔汗を格段に抑制することが出来ます。

 

ベタベタやテカテカやドロドロから解放されて快適ですし、メイクの持ちが良くなりました。

関連ページ

顔汗の困った体験談@
子供のころから、顔によく汗をかいていて、親からは汗っかきだと言われていました。 けれども、自分の場合は暑い時だけでなく、季節に関係なく汗をかくので違うのではないかと思っています。 年齢を重ねてメイクをするようになると、顔汗のせいですぐに崩れますし、髪の毛が顔にはりついて見た目が悪いのが悩みです。
顔汗の困った体験談?
顔の多汗症には様々な悩みがつきまといますが、私がいちばん悩まされているのは顔汗による化粧崩れです。 毎朝時間をかけて丁寧にメイクをしても、夏場は通勤をしただけで汗だくで頭や額から滝のような汗が流れ一瞬にしてメイクが崩れてしまいます。 顔汗と皮脂が混ざり合ってファンデーションがドロドロ状態です。
顔汗の困った体験談B
私は20代の頃から、顔の多汗症という悩みを抱えていました。 子供の頃から夏の暑さが苦手で、暑い時期にはよく顔汗をかいていましたが、気になる顔汗は夏に限らずいつでも起きるようになっていました。 そして40代、50代と年齢を重ねていくごとに顔汗も酷くなってきているように感じています。
顔汗の困った体験談C
ほんの少し運動を行うだけで頭からどっと顔汗をかきます。 少しの運動というのは例えば、机を雑巾で拭くなど、簡単な掃除を行う程度です。 汗をかくというのがどれくらいの量かと言うと、髪がお風呂上がりのようにびっしょりと濡れるのです。
顔汗の困った体験談D
私は子供の頃は全く気にしたことがありませんが、社会人になってから初めて多汗症であることを知りました。 単に忙しく走っている時に身体の汗や顔汗が多く出ることは誰しも同じですが、気付いたきっかけは営業先での商談中です。 ソファーに座って商談をしていると、顔汗が大量に出ることがあり、テーブルに顔を近付けると商談用の見積書や案内書、パンフレットなどに大粒の汗が落下してしまうことで自ら自覚をした次第です。
顔汗の困った体験談E
顔の多汗症は体の一部でたくさん汗をかくよりも厄介です。 顔は人に一番見られる部位であり、顔汗をかいていると清潔感がなく見られます。 中にはとても優しい人が具合が悪いのかと心配してくれることもあり、優しさをお節介に捉えるほど卑屈になってしまうこともしばしばです。 夏にたくさん汗をかくのは普通のことなので、気温や湿度の高い日は多汗症がそれほど気になりません。
顔汗の困った体験談F
私は緊張したり不安になったりストレスを感じたりすると、メンタル的な作用によって発汗が起こります。 いわゆる精神性発汗というものです。 夏場は体温調節のための温熱性発汗と相まって汗が止まらなくなることもあり困ります。 手や脇や頭や足など発汗が起こる場所はたくさんありますが、私がその中でもとくに悩まされているのが顔汗です。