顔汗の困った悩み体験談@

子供のころから、顔によく汗をかいていて、親からは汗っかきだと言われていました。

 

けれども、自分の場合は暑い時だけでなく、季節に関係なく汗をかくので違うのではないかと思っています。

 

年齢を重ねてメイクをするようになると、顔汗のせいですぐに崩れますし、髪の毛が顔にはりついて見た目が悪いのが悩みです。

 

おまけに、顔という他の人から見える部位に汗をかくので、他の人からも見えてしまい、とても心配されます。

 

友人の一人に、それは多汗症ではないかと言われた時は、まさしく自分のことだと思いました。

 

他の人は誰一人汗をかいていない季節なのに、自分だけ大量の発汗があると恥ずかしくなってしまいます。

 

おまけに、一度汗をかくとなかなか止まりません。

 

周りの人に指摘されると余計に焦って、その状態が長く続きます。

 

自分の場合は顔色も赤くなってしまうので、熱があるのではないかという体調の心配をされることも多いです。

 

多汗症というのはあまりメジャーな病名ではないので、理解を得にくいです。

 

他の部位でもあるそうなのですが、顔の場合は特に周囲の目が気になります。

 

隠そうとしてマスクをすると、びしょびしょになってしまって余計に気持ち悪くなってしまいました。

関連ページ

顔汗の困った体験談?
顔の多汗症には様々な悩みがつきまといますが、私がいちばん悩まされているのは顔汗による化粧崩れです。 毎朝時間をかけて丁寧にメイクをしても、夏場は通勤をしただけで汗だくで頭や額から滝のような汗が流れ一瞬にしてメイクが崩れてしまいます。 顔汗と皮脂が混ざり合ってファンデーションがドロドロ状態です。
顔汗の困った体験談B
私は20代の頃から、顔の多汗症という悩みを抱えていました。 子供の頃から夏の暑さが苦手で、暑い時期にはよく顔汗をかいていましたが、気になる顔汗は夏に限らずいつでも起きるようになっていました。 そして40代、50代と年齢を重ねていくごとに顔汗も酷くなってきているように感じています。
顔汗の困った体験談C
ほんの少し運動を行うだけで頭からどっと顔汗をかきます。 少しの運動というのは例えば、机を雑巾で拭くなど、簡単な掃除を行う程度です。 汗をかくというのがどれくらいの量かと言うと、髪がお風呂上がりのようにびっしょりと濡れるのです。
顔汗の困った体験談D
私は子供の頃は全く気にしたことがありませんが、社会人になってから初めて多汗症であることを知りました。 単に忙しく走っている時に身体の汗や顔汗が多く出ることは誰しも同じですが、気付いたきっかけは営業先での商談中です。 ソファーに座って商談をしていると、顔汗が大量に出ることがあり、テーブルに顔を近付けると商談用の見積書や案内書、パンフレットなどに大粒の汗が落下してしまうことで自ら自覚をした次第です。